記事一覧

ゆっくり振る

土曜日のラウンドは、ドライバーはそれほど悪くはありませんでした。

逆に、ティーから打つ、スプーンとか、バッフィーのほうが悪いくらい。
自分でも理由がよくわからないのですけど。。。

ドライバーは、
「フルスイングで100ydを飛ばす練習」
が非常に良かったんだと思います。

何だその練習は?
と思われるかもしれませんが、これが意外と効果的と思います。
フルスイングと言っても、速く振るんじゃなくて、
振るスイングです。
要は、ゆっくりと、テークバックからフォロースルーまで一連の動作をするんです。

それで何がわかるか。。。。
hawkは、自分がアウトサイドインだったことを突き止めました。
で、前のブログにも書いた通り、右脇を締めて、
左に振りぬく(と言っても体は前傾なので打ち出し方向に振りぬくことになりますけど)
んです。
そうすると綺麗なインサイドインになりました。

で、このフルスイングのスピードを早めていって、8割位のところを使います。
10割スピードは実はプロでもやっていません
小田孔明プロもそう言っている!)。
大抵は、ゆっくりでも大きなスイングで遠心力とか、トルクをうまく使っています。

10割になるとどうしても力んでしまうので、全身が固くなり、
各部位の動きのバランスを取りづらくなります。
ですので、8割~悪くても9割くらいのスイングで、
ゆったりと大きく振るのが一番いいです。
自分では8割位で振ってるように感じても、
動画を撮ってもらったりしてそれで見てみると意外と
それほどゆっくりでもなく綺麗に振れていると思います。

10割スイングでも8割スイングでも、体を大きく使えば
あまり飛距離は変わらないことがよくわかります。
でも、8割スイングのほうが方向性が良くなります。
どちらを取るか、、、hawkはもちろん8割スイングで大きく振る方を選びます。

龍楠先生の動画です。
是非ご視聴を。。。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hawk

Author:hawk
SRIXON大好きです!!
チーバくん大好きです!!

是非ゴルフ友だちになって下さい。
そして、一緒にゴルフに行きましょう~~~~!!

hawkは千葉県市原市在住です。

【hawkのクラブセッティング】
・1W DUNLOP XXIO9 9.5゜
  with Miyazaki Kaula Mizu FLEX-S
・3W SRIXON Z F45 15°
  with Miyazaki Kosma Blue6/S
・5W TOURSTAGE X-FW GR 18°
  with Tour-AD B14-03W/S
・3I SRIXON Z U45 20°
  with N.S. PRO 980GH DST/S
・4I~PW SRIXON Z945
  with True Temper Dynamic Gold Tour Issue Design Tuning S200
・52° Fourteen RM-11
・58° Fourteen RM-22
・PT SCOTTY CAMERON FUTURA 5S 33inch