記事一覧

9/9の練習

いつもお世話になっているジャンボゴルフクラブ♪

今日は大雨だったので、いつもの2階席はびしょびしょ・・・(;´∀`)
雨も入り込んでくる中での打ちっぱなしでした。

まず、hawkが意識して練習したのは
「アームローテーション」
力強く、スライスしない飛球には非常に重要な要素。
更に、左に振りぬく練習です。

しかし・・・
お察しの通り、左に振りぬくので、
どうしても引っ掛け&フックしてしまい、左に左に行ってしまいます(T_T)
コーチからも、それでいいんだ、
と言われてはいるのですが、なぜそれでいいんだろう?
とかなり疑問。
じゃぁそうすれば治るんだよ~~~~;;

自分なりに色々と考えてみました。
左に振りぬくのが大きいのか?
 もちろん小さくすれば引っ掛けは小さくなりますが、
 正面にまっすぐは飛ばない(T_T)
アームローテーションが大きいのか?
 小さくすると全然飛ばない(T_T)

色々と考えると、、、
ん?アウトサイドインの軌道だからじゃないの??
なんてことがふと頭をよぎりました。
そもそも、初心者なんで、コーチに習う前まではスライスに悩まされていました。
(今も時々出ちゃいますけど)
アームローテションと左に振りぬくだけを意識してて、
バックスイングは全くのノーマークでしたから。。。


hawkはまっすぐ飛ばさなければならないと思っていて、
アイアンでも、ドライバーでも縦振りになっています。
バックスイングも垂直に近くクラブを立てていると思います。
それで左に振りぬいたら、、、
もちろんアウトサイドインで更に左に振りぬいているんですから、
引っ掛けるはずです。

なるほど~~~φ(..)

ということで、バックスイング時にクラブを寝かせるようにして、インサイドインに
振るようにしてみたところ、、、

引っ掛けは少し収まって、飛距離もまぁまぁになりました。

また、インサイドインを意識することのいいところは、
「ダフらなくなる」
ってところですね。
垂直に近いところから下に振り下ろすことがなくなり、払う感じで打つので
ダフらなくなりました。これはすごいこと。。。
※でも、アイアンは、ダウンブロー気味に打つので、ドライバーやユーティリティ
 よりは少し立たせたほうが良いかもしれません。

ですので、昨日はドライバーやユーティリティが結構いい感じでした。
色々と修正を入れたら引っ掛けも少し収まりました。

この打ち方でいけば、もう、スライスで悩むことは無くなりますね(>ω<)ワーイ
引っ掛けもそれなりに抑えられれば。。。
でも、まだまだインサイドインは意識しないとアウトサイドインに戻っちゃいます。
癖を矯正しなきゃ!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hawk

Author:hawk
SRIXON大好きです!!
チーバくん大好きです!!

是非ゴルフ友だちになって下さい。
そして、一緒にゴルフに行きましょう~~~~!!

hawkは千葉県市原市在住です。

【hawkのクラブセッティング】
・1W TaylorMade M3 9.5゜
  with KUROKAGE XT70 FLEX-TX
・3W TOURSTAGE X-FW GR 15°
  with Tour-AD B14-03W/S
・5W TOURSTAGE X-FW GR 18°
  with Tour-AD B14-03W/S
・3I SRIXON Z U45 20°
  with N.S. PRO 980GH DST/S
・4I~PW SRIXON Z945
  with True Temper Dynamic Gold Tour Issue Design Tuning S200
・52° Fourteen RM-11
・58° Fourteen RM-22
・PT PING Scottsdale Putter Anser2 33inch