FC2ブログ

旧飛球則と新飛球則


まめたろうさん(師匠)から、ドロー・フェードの打ち方を教わりまして、
ふと思い浮かんだのが旧飛球則と新飛球則です。

私の上司(私をゴルフに誘ってくれた人)は、
旧飛球則をとても憎んで(!?)おりまして、
事あるごとにブログで

「また、(ある雑誌で)旧飛球則のことをかいている!ふざけんな」

と過激な発言をしています^^;;;;;;;


とここで旧飛球則と新飛球則のおさらいを。。。

旧飛球則
 出球はスイング軌道で決まる、ボールの曲がりはフェース向きで決まる
新飛球則
 出球はフェース向きで決まる、ボールの曲がりはスイング軌道で決まる


だそうです。

ドローボールを打つには、
旧飛球則
 フェースをターゲット方向に向け、スタンスをクローズにして、インサイドアウトでスイングする
新飛球則
 フェースを開いて、開いた以上の軌道でインサイドアウトでスイングする

ようなのですが、、、

私は、新飛球則でなんで狙ったところに行くのかがよくわからないのです・・・

旧飛球則だったら、フェースをターゲット方向に向けるのでよく分かるのですが、
新飛球則はフェースもスタンスも軌道も、何もターゲット方向を意識していないので、どこに行くのやら??です^^;;

実は、私は旧飛球則のほうが”感覚的に”正しいと思っておりまして、
先の記事に書いたようなボールの近くに立つのか、遠くに立つのか、という感じで考えていたのです。

もうちょっと書いてしまうと、旧飛球則も上記の説明はちょっと間違っていて、
 出球はフェース向きとスイング軌道の合成力の方向に飛んでいって、
 曲がりはインパクト時のフェース向きとスイング軌道が作る角度の差と摩擦力で決まる
のではないかと思いました。


ということで、旧飛球則でのアドレスを私は推したいと思います
(今までもそれで違和感なかったですし。。)

なので、ドローの場合は
 ①フェースはターゲット方向に構える
 ②ボールの遠くに立つ
 ③自然とインサイドアウトになる
 ④なのでドローボールになる
という感じです、

しかし、まめたろうさんは
 ①フェースはターゲット方向に構える
 ②クローズスタンスにする
 ③スイングは変えないのでインサイドアウトになる(2018.11.15訂正 スイングは変えないのでシャットでインパクトすることとなる)
 ④なのでドローボールになる
という感じです。

スイングを変えるのか、スタンスを変えるのか??

と考えると、スタンスを変えるほうがいいですね~~~

ということで、スタンスを変える感じでやってみます!!

p.s.
しかし、インテンショナルショットだとまた話は変わってきますよね、、、
大きく曲げたいのであれば、新飛球則も意識する必要があるかと・・・
スポンサーサイト
Date: 2018.11.14 Category: ゴルフ日記  Comments (2) 

この記事へのコメント:


こんにちわ〜

ドローの場合、フェイス面をターゲットに向けてクローズに構えます。後はスタンスなりに通常スイング。
なのでインサイドアウトに振る感覚はないですね。
フェードの場合はその逆になります。
曲げ幅はクローズ又はオープンスタンスの度合いで決めています。
後はその人の感覚です。スイングを変えて曲げる人、グリップで曲げる人、コッキングの角度で曲げる人などそれぞれですよね。
色々試してみて下さいね。

まめたろう

Date2018.11.15 (木) 09:38:57



まめたろうさん>

ありがとうございます!

すみません、スイングは変わらないので、インサイドアウトもなにもないですね^^;;
シャットフェースでインパクトする、という感覚でしょうか。(訂正しておきます)

私は、まめたろうさん方式が一番しっくり来るような気がします。
ですので、その感覚でボールをコントロールしたいと思います^^

hawk

Date2018.11.15 (木) 10:36:25



管理人のみ通知 :

プロフィール

hawk

Author:hawk
SRIXON大好きです!!
チーバくん大好きです!!

是非ゴルフ友だちになって下さい。
そして、一緒にゴルフに行きましょう~~~~!!

hawkは千葉県市原市在住です。

【hawkのクラブセッティング】
・1W TaylorMade M3 9.5゜
  with KUROKAGE XT70 FLEX-TX
・3W TOURSTAGE X-FW GR 15°
  with KUROKAGE XT70 FLEX-X
・5W TOURSTAGE X-FW GR 18°
  with KUROKAGE XT70 FLEX-X
・3I~4I SRIXON Z745
  with True Temper Dynamic Gold S200
・5I~PW SRIXON Z945
  with True Temper Dynamic Gold Tour Issue Design Tuning S200
・52° Fourteen RM-11
・58° Fourteen RM-22
・PT ODYSSEY WORKS CRUISER #7

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR