FC2ブログ

これからの課題

安定したゴルフをするにはどうしたらいいか?

ということをいろいろと考えているのですが、
これからの課題が最近のラウンドから浮き彫りになってきました。

■ドローの曲がり量の調整

hawkの持ち球はドローなのですが、ドローの曲がり量を調整できないために、
ティーグラウンドの右の木が気になる場合に失敗することが多かったです。

また、曲がりすぎることもしばしば、、、

右の障害物が気になるときのために、軽いドロー弾道を体得したいと思います。

フェードを打てばいいのでは?という意見もあるかと思いますが、
フェードよりは、ドローのほうが曲がり量の調整という面ではイメージが
出しやすいです。

フェードだと、曲がらずに左に突き抜けたり、逆にスライスになったり、
イメージが悪いのです・・・Orz

■縦の距離感

方向性については最近は苦にすることはなくなってきたのですが、
縦の距離感が0.5番手くらい違うことが多いので、中間距離の距離感を
どうするのか?

例えば、185yd残ってるとすると、4鉄で190ydなので、フルショットでは5yd大きいです。
じゃぁ5鉄で180yd打ったほうが、受けグリーンが多い日本のグリーンでは止まりやすい。
でも、いつも5m残すようなショットをしていては、バーディーを取ることはできない、、、

ということを考えると、4鉄で95%くらいのショットが求められるのですが、
そういった場合にどういうスイングをするべきなのか?
というところを練習場で練習したいです。

■パター
1.5mを自信をもって入れられるのとそうではないのでは、1打目のパットに対する心構えが変わります。
OKまで寄せないといけない、、と考えるとゆるんだり、逆にパンチが入ったり、してしまう・・・
なので、1.5m寄せればOKという気構えで行けば、3パットすることはなくなる。。。
ということなのだと思いました。

もちろんグリーンの形状によっては、どこに1.5m残すのか?
ということもあると思いますが、まずは、1.5mのパットについての自信を持てるように
練習を繰り返したいと思います。

あと、1.5mくらいであれば、たいていのグリーンではカップを外さずに、すこしOverするくらいの
強さで打てば失敗することはないと思いました。

以上3つを念頭に練習を続けたいと思います。
スポンサーサイト
Date: 2018.01.08 Category: ゴルフ日記  Comments (0) 

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

プロフィール

hawk

Author:hawk
SRIXON大好きです!!
チーバくん大好きです!!

是非ゴルフ友だちになって下さい。
そして、一緒にゴルフに行きましょう~~~~!!

hawkは千葉県市原市在住です。

【hawkのクラブセッティング】
・1W TaylorMade M3 9.5゜
  with KUROKAGE XT70 FLEX-TX
・3W TOURSTAGE X-FW GR 15°
  with Tour-AD B14-03W/S
・5W TOURSTAGE X-FW GR 18°
  with Tour-AD B14-03W/S
・3I SRIXON Z U45 20°
  with N.S. PRO 980GH DST/S
・4I~PW SRIXON Z945
  with True Temper Dynamic Gold Tour Issue Design Tuning S200
・52° Fourteen RM-11
・58° Fourteen RM-22
・PT ODYSSEY WORKS CRUISER #7

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR