記事一覧

なんとなくわかってきた気がする・・・のです(旧飛球則と新飛球則)

前に飛球則について書いてみましたが、
以下のようになっているようです。

【旧飛球則】
・ボールの飛び出し方向 ←ヘッドの軌道による
・スピン方向 ←フェースの向きによる
【新飛球則】
・ボールの飛び出し方向 ←フェースの向きによる
・スピン方向 ←ヘッドの軌道による

ほんとにそうなのかな??
なんて思っていたんですけど、昨日の習志野カントリーのラウンドで
なんとなくわかってきた気がしました。

結構ドライバーなどは最初のうちはフックしていたのですが、
多分、フックというよりはチーピンだったんだと思います。
で、私はアウトサイドイン軌道なので、
左に一直線なんですね。

で、旧飛球則を考えて、インサイドアウトにすれば左に一直線には
ならないはずだ!!!と考えて、そうすると、今度は確かに右には出る
(というよりまっすぐ出たのかも・・)
んですけど、フックしてしまう。

要は、フェースの向きは正しい(ちゃんとターゲット方向に向いている!)
と思い込んでいたのでしょうね。
フェース向きを出球方向とする新飛球則に気づいて、
「それだったら少しフェースを開いてみよう」←これでスクエアフェース^^;;
と思ってやってみると、きれいなフェードボールに。。。
それ以降は、結構な確率でいい感じのフェードボールになりました。

要するに、私の軌道は、それほど極端なアウトサイドインでは
なくなってきているということです。
(でもインサイドイン~軽いアウトサイドイン)
なのに、フェースをかぶせてしまっては、
インサイドイン軌道だとフックからのチーピン、
アウトサイドイン軌道だと極端なチーピン、
なのかもしれません。

なので、フェースをスクエアにすることを意識して、
インサイドイン軌道だとど真っ直ぐ、
アウトサイドイン軌道だと軽いフェード、
で大怪我をしないゴルフに徹します。

フェースの向き、、、
いちばん重要な要素だったのかもしれません・・

スポンサーサイト

コメント

こんばんは~

う~ん良くわからない。
私のドライバーは後半になると
力が入ってくるせいか?
真っ直ぐ飛んでから最後にスライスします。
そういうのはナゼ?かしら?

あくびぃ~さんへ

おはようございます!

それ、私もよくありました、、、疲れてくるとストレートスライスが出て来る・・・。
たぶん、下半身が疲れて手打ちになってしまっていたんだと思います。

ってことで、下半身強化を頑張って、今は最後までブレることはなくなった??とおもっております^^;;

これ難しいですね。

僕もわからないんですけど
新飛球則から考えると、フェイスが開いていても
インサイドアウトで打つとドローするということになりますね。
これは実験しましたけどスライスしますな(笑)

keisongさんへ

こんにちは。

私も詳しいことはあまり良くわからないんですけど、
フェイスの向きだけ!で飛球方向を考えるのは早計だと思っています。
前のブログにも書いたのですが、軌道とフェイス向きと摩擦力の力の合成方向に飛んで行くんだと思います。

スピンもしかり、、、

なので、やっぱり最終的には感覚、、、になるんだと思っています。。。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hawk

Author:hawk
SRIXON大好きです!!
チーバくん大好きです!!

是非ゴルフ友だちになって下さい。
そして、一緒にゴルフに行きましょう~~~~!!

hawkは千葉県市原市在住です。

【hawkのクラブセッティング】
・1W DUNLOP XXIO9 9.5゜
  with Miyazaki Kaula Mizu FLEX-S
・3W SRIXON Z F45 15°
  with Miyazaki Kosma Blue6/S
・5W TOURSTAGE X-FW GR 18°
  with Tour-AD B14-03W/S
・3I SRIXON Z U45 20°
  with N.S. PRO 980GH DST/S
・4I~PW SRIXON Z945
  with True Temper Dynamic Gold Tour Issue Design Tuning S200
・52° Fourteen RM-11
・58° Fourteen RM-22
・PT SCOTTY CAMERON FUTURA 5S 33inch