記事一覧

クラブヘッドの重みを感じながらスイングする・・・ナンノコッチャ?

よく言われるのが、
クラブヘッドの重みを感じながらスイングしなさい
というもの。

な~んのこっちゃ。。。
意味がわからん。。。
クラブヘッドの重みを感じるって、どういうこと?

今の今までそれが全然わからなかったんですけど、、、
打ちっぱなしで開眼した時のブログ
を色々と検証すると、やっぱりこれが一番だったんだなぁと実感しました。

全体的に力を抜く!!
これがどれだけ大事なことか。

もし、ヘッドの重さを感じることがわからなかったり、
フェアウェイウッドがうまく打てなかったり、
ダフったりトップしたり、
ダウンブローで打てない、
ということでお悩みの方は、グリップの握る力を今の3割位にしてみて下さい。
テイクバックからフォローまで。
きっと何かつかめるのではないかと思います。

①グリップを弱く握る ←これほんと重要
②切り返しの時には腕を下に振り下ろす ←これホント重要
③振り下ろしたらアームローテーションでヘッドの重みを感じてヘッドを走らせる ←これホント重要
④そのまま腕を伸ばしてフォローまで思い切り振りぬく ←これほんと重要


この前のラウンドで、右脇腹が死ぬほど痛くても同伴者よりも
良いスコアで回れたのは、これを実践してたからです。
大叩きしたところは、ほんと脇腹の痛みが出た時だけでした。

次のトーヨーがほんとに楽しみです。o(^▽^)o
アバラを直して、全快で頑張りますので、
ご期待くださいませ~~~(^∇^)ノ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hawk

Author:hawk
SRIXON大好きです!!
チーバくん大好きです!!

是非ゴルフ友だちになって下さい。
そして、一緒にゴルフに行きましょう~~~~!!

hawkは千葉県市原市在住です。

【hawkのクラブセッティング】
・1W DUNLOP XXIO9 9.5゜
  with Miyazaki Kaula Mizu FLEX-S
・3W SRIXON Z F45 15°
  with Miyazaki Kosma Blue6/S
・5W TOURSTAGE X-FW GR 18°
  with Tour-AD B14-03W/S
・3I SRIXON Z U45 20°
  with N.S. PRO 980GH DST/S
・4I~PW SRIXON Z945
  with True Temper Dynamic Gold Tour Issue Design Tuning S200
・52° Fourteen RM-11
・58° Fourteen RM-22
・PT SCOTTY CAMERON FUTURA 5S 33inch