記事一覧

スライスを撲滅する(1) 右肩を意識する


hawkの悩みのタネはドライバーのスライス。

アウトサイドイン軌道になっていることでスライスすることは
大いに理解しているのですが、

アウトサイドインにしないように意識しても、

フェースをシャットにしても、

何故かスライスする・・・・

フェースの向きはあまり関係ないのかも、、、

やっぱり、アウトサイドインなんでしょうね、、、


ということで、

なぜアウトサイドインになってしまうのか、

色々と考察していたら、

「おっとキム・キョンテ、大きく右にスライスした!

 右肩が開いていたんでしょうね」

と、今年のミズノオープンの最終ホールのスプーンでの

解説者の言葉が脳裏に浮かびました。

多分ですが、力んで右手で打ちに行こうとするから、

右肩が開くんだと推測。

では、右肩が開くとなぜスライスするのか??

自分なりに考えてみました。

migikata_161101.jpg

右肩が開くと、正常な場合に比べて肩の回転が早くなる、、、

ということは、右肩が前に出るのでアウトサイドからおりてきてしまう!

 これが、1点

そして、右肩が開いた状態でボールを打ちにいってしまうので、

振り遅れてしまう。

 これが、1点

ということなんだと思いました。

因みに、右肩が早く開いても振り遅れなかったら、

(早めにアームローテーションをする、、、いわゆる手打ち)

多分、チーピンになるんでしょう。

ドライバーだけでスライスするのは、

飛ばそうという意識が力みにつながっているからなんだと思います。

他のクラブでスライスは皆無ですから。

でも、ひっかけることは多々あるので、

やっぱり微妙に右肩は開いてるんだけど(これは飛ばそうとしているというか癖)

ドライバーのように振り遅れでもロフトがある分

スライス回転がかかりにくいんだと思います。

右肩が、

ドライバーのスライス

ドライバー以外のチーピン

の両方に深く関係しているのかもしれない・・・

ということで、右肩を意識して、もっと練習してみます。
スポンサーサイト

コメント

スライス

こんばんは~

まさに私はこれこれ!って感じです。
特に腰からスイングできないので
身体と腕の間が窮屈になることも多く
大抵、力が入り手打ちです。

なかなか身体が言うこと聞きませんが
メモッて復習して次回に望むことに
しました“φ(・ω・。*)カキカキ

こんにちは~~☆

あくびぃさんもそうでしたか!

色々と原因はあるのだと思いますけど、
右肩は結構重要な気がしてきました!!

突然出るスライスにはかなり悩んでおりますので、
色々と研究していきたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hawk

Author:hawk
SRIXON大好きです!!
チーバくん大好きです!!

是非ゴルフ友だちになって下さい。
そして、一緒にゴルフに行きましょう~~~~!!

hawkは千葉県市原市在住です。

【hawkのクラブセッティング】
・1W TaylorMade M3 9.5゜
  with KUROKAGE XT70 FLEX-TX
・3W TOURSTAGE X-FW GR 15°
  with Tour-AD B14-03W/S
・5W TOURSTAGE X-FW GR 18°
  with Tour-AD B14-03W/S
・3I SRIXON Z U45 20°
  with N.S. PRO 980GH DST/S
・4I~PW SRIXON Z945
  with True Temper Dynamic Gold Tour Issue Design Tuning S200
・52° Fourteen RM-11
・58° Fourteen RM-22
・PT PING Scottsdale Putter Anser2 33inch