記事一覧

スライスの矯正(3)

金曜日の亀山湖ラウンドで、
お初にお目にかかる同伴の方々に迷惑をかけないように、
入念な練習をしてきました

ショットするときに重要なこと

・レイドオフ気味にする(というよりも、左手首をトップオブスイングで甲側に曲げない)
・右脇は締める感じ
・ダウンスイングでも右脇はそのまま
・インパクト時に手をこねずに飛球線方向に押し出す感じ
 ※フォローで腕の回旋という意識
・頭は残して体は開かない

・(ドライバー)フック気味に握る(2016.03.17 15:00 追記)
 ドライバーは重心距離が長いので、フェースが開く方向に動くため、それを抑制。

6つもあると、一つくらい忘れちゃうような気がしますので、
それを固めるために練習してきました。

地面から絶対に打てなかったスプーンもきちんと上がるようになり、
結果は上々。

後は、ラウンドでどこまで再現できるかですね

アプローチは転がせるときには7Iで、
あげたい時には52度でこの前書いた通りの距離感で。

パターは、
とにかくしっかり打つことを心がけること。

入らないような距離では、距離感をきちんと。

入る距離ではしっかり打つ。

これで、スコアはまとまるか・・・な

(2016.3.17 15:00追記)
一番は無理してドライバーを握らないことでしょうね。
ドライバーが調子悪いと思ったら、スプーンorバッフィーでのティーショットとします。
スポンサーサイト

コメント

お、明日ですね、ラウンド。

ベスト更新に向かって、頑張ってください!

golfunさんへ

ありがとうございます!

ベスト更新できるよう、頑張ります!!

初ラウンドのような緊張感があるラウンドなので、ベスト更新を期待しつつ・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hawk

Author:hawk
SRIXON大好きです!!
チーバくん大好きです!!

是非ゴルフ友だちになって下さい。
そして、一緒にゴルフに行きましょう~~~~!!

hawkは千葉県市原市在住です。

【hawkのクラブセッティング】
・1W DUNLOP XXIO9 9.5゜
  with KUROKAGE XT70 FLEX-TX
・3W SRIXON Z F45 15°
  with Miyazaki Kosma Blue6/S
・5W TOURSTAGE X-FW GR 18°
  with Tour-AD B14-03W/S
・3I SRIXON Z U45 20°
  with N.S. PRO 980GH DST/S
・4I~PW SRIXON Z945
  with True Temper Dynamic Gold Tour Issue Design Tuning S200
・52° Fourteen RM-11
・58° Fourteen RM-22
・PT SCOTTY CAMERON FUTURA 5S 33inch