記事一覧

All descending blow(3)

昨日の課題は3つでした。

☆ダウンブローの考え方を復習
☆アプローチ
☆グリップ


色々とやってるうちに、
うまくフェースターンができていない理由がやっとわかりました。

グリップでした

hawkの握り方は極端なフックグリップでした。

フックグリップだとあまりフェースターンせずにテイクバックして、
インパクト前後でフェースターンするので引っ掛ける事がわかりました

スクエアグリップだと、テイクバックでフェースターンせざるをえないので、
インパクト前後のフェースターンでスクエアに戻ってくるんですね

これがわかってからというもの、
ダフリや極端なトップはなし(トップはhawkは良し!としています)、
方向性も、真っ直ぐから左右に外れるくらいで、
極端な引掛けやチーピンは無くなりました

ダウンブローもできてると思っています。
 (誰にも見てもらっていませんけど・・・

グリップって重要なんだなぁ

でも、、、
ダウンブローで打てれば打てるほど、
球が上がりすぎるような気がするんです・・・

hawkが目指すのはドライバーからアイアンまで、
突き刺さるような中弾道です

hawkのアイアンはSRIXON Z545なのですが、
これは低重心のポケキャビです。

なんか関係してるんですかね??
スポンサーサイト

コメント

グリップ大事ですよね~
僕も機会をみてよく確認してます^^

ちなみに、球の高さはダウンブローで打つことでもそうですが、Z545は設計上、球が上がるようにできてますね^^

keisongさんへ

やはりグリップ大事なんですね!
hawkは結構疎かにしてしまっておりました^^;
これからは、ルーティーンに入れたいと思います。

Z545は球が上がるんですね!
久能のショートコースでは、2,30m位ありそうな杉の木のてっぺんくらいまで上がりました。
いくら何でも上がりすぎですTT

Z745,945あたりを今物色しています^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hawk

Author:hawk
SRIXON大好きです!!
チーバくん大好きです!!

是非ゴルフ友だちになって下さい。
そして、一緒にゴルフに行きましょう~~~~!!

hawkは千葉県市原市在住です。

【hawkのクラブセッティング】
・1W DUNLOP XXIO9 9.5゜
  with Miyazaki Kaula Mizu FLEX-S
・3W SRIXON Z F45 15°
  with Miyazaki Kosma Blue6/S
・5W TOURSTAGE X-FW GR 18°
  with Tour-AD B14-03W/S
・3I SRIXON Z U45 20°
  with N.S. PRO 980GH DST/S
・4I~PW SRIXON Z945
  with True Temper Dynamic Gold Tour Issue Design Tuning S200
・52° Fourteen RM-11
・58° Fourteen RM-22
・PT SCOTTY CAMERON FUTURA 5S 33inch