記事一覧

ためというのはコックのことか!!

hawkは、現在ダウンブローの練習中ですが、
前々から会社の人から

「もっとタメて打てば?」

なんて言われていました。

 ※前にもブログで書きましたかね・・・??

タメて打つ?

トップで止めるってことかな?

いや、そうじゃないみたい。

何なんだろ?

と試行錯誤しているうちに、

「コックを解くタイミングじゃないか?」

ということに気が付きました。

cock.jpg

上の画像を見ると、

(7)の段階でも、まだコックが解かれていません。

多分、アベレージゴルファーの方は(6)→(7)の段階でボールを打ちにいこうとして、
コックが解けちゃうんじゃないかと思います。

要は、

コックを保ったまま、早くボールを打ちにいかない


ことがタメなのではないかと思いました。

(7)→(8)でコックを解いてフェースターン(アームローテーション)
することで、ダウンブローにもなるし、フェースも走るんだと思います。

cock2.jpg

あと、上の画像の左の3人は、早々にコックが解けそうになっていますが、
多分このままコックを解いてフェースターンして打ちにいこうとすると、
ハンドレイトになって、
引っ掛けとかダフリ、トップが出てくるんでしょうね。。。

今までの教訓による、タメの作り方

①体はよく捻転し、クラブを後方の遠くにするようなイメージでテイクバック
 もちろん右腰辺りから徐々にコックを入れる

②トップからの切り返しでは、コックを保ったまま体の右脇下に腕を振り下ろす

③腰の高さまでコックは保つ

④腰より低くなったところでコックを解いてフェースターン

⑤フォローでも腕は伸ばしたまま飛球線方向に腕を放る感じ
 この時にまだヘッドアップはしないで前傾は保つ

⑥フォローが2から1時くらいの方向になったら、ヘッドアップしてフィニッシュ


こんな感じでしょうか・・・

それを意識して練習したところ、

アイアンもユーティリティもFWもドライバーも距離・方向性ともに
満足のいくものになりました。

アイアンは決して上から打ち込むということではなく、
コックの開放の際に意図しなくてもダウンブローになる
ということなんだろうと思いました。

ただ・・・

コックを保つって、結構怖いんですよね・・・(´・_・`)

普通は、コックなんか入れずに円軌道で当てたいのが人間の本心ですから。

コックをできるだけ保つと思い切りダフりそうって思っちゃいますもんね・・・(´∀`*;)ゞ

でも、

色々と試行錯誤した結果、コックを保ってフェースターンで打つようにすると
水平方向はもとより垂直方向のインパクトゾーンがかなり広がる印象があります。

前にも書きましたが、ヘッドがV字ではなくU字に動くような感じの印象です。
スポンサーサイト

コメント

こんにちわ~

すごい~研究熱心ですね!!
私なんて何も考えてないので、少し反省しなければ(汗)
ダウンブロー、習得できるよう頑張って下さい♪

まめたろうさんへ!

こんにちは!
お忙しいところ、コメントありがとうございます^o^/

いえいえ、
頭でっかちなだけです^^;

頭で納得しないと体が覚えないもので・・・

ダウンブローいい感じになってきました!これからも頑張ります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hawk

Author:hawk
SRIXON大好きです!!
チーバくん大好きです!!

是非ゴルフ友だちになって下さい。
そして、一緒にゴルフに行きましょう~~~~!!

hawkは千葉県市原市在住です。

【hawkのクラブセッティング】
・1W TaylorMade M3 9.5゜
  with KUROKAGE XT70 FLEX-TX
・3W TOURSTAGE X-FW GR 15°
  with Tour-AD B14-03W/S
・5W TOURSTAGE X-FW GR 18°
  with Tour-AD B14-03W/S
・3I SRIXON Z U45 20°
  with N.S. PRO 980GH DST/S
・4I~PW SRIXON Z945
  with True Temper Dynamic Gold Tour Issue Design Tuning S200
・52° Fourteen RM-11
・58° Fourteen RM-22
・PT PING Scottsdale Putter Anser2 33inch