記事一覧

アプローチが課題

どうも、hawkです。

ブリストルでの課題はなんといってもアプローチ。。。

ダフっちゃったり、あらぬ方向に行ったり、、、
ほんとにダメダメでした。

ブリストルのブログでも書きましたが、アイアンの距離感がつかめない。これはウェッジでも同じ。
それにブッシュに入りすぎ。これは仕方ないが、もう少しドライバーの精度を上げる。
これが大きな課題です。

で、まずはアプローチなんですけど、
hawkは玉をあげよう上げようとしてしまうんですね。
これ、精度を落とす大きな原因らしいです。。。

正確で事故のないアプローチはなんといっても
「ランニングアプローチ」
だそうで、、、hawkはそんなものは全く知りませんでした・・・。
なにそれ??

色々と調べてみると、
「グリーンまではちょっと浮かせて、グリーンでは転がすようなアプローチだそうで」
アイアンでパターをやるようなイメージらしいんです。
ほほー、、、パターのほうが方向性はいいからなぁ。。。

で、早速練習場で実践。
アイアンのヒールを浮かせて(ということは立て気味にするんですな)、
ちょっと短く持ってパターの要領で打つ。
おぉ~~~、こりゃすごい。
1.ヒールを浮かせているのでダフらない
2.パターみたいに打つので方向性がいい
3.距離感は・・・まだ慣れてないから。。。
距離感以外は完璧じゃないですか!

グリーンまでの距離とグリーン内の距離を考えて、
アイアンのロフト角を選ぶようにできれば、
アプローチなんか怖くないですね!!

今度のラウンドで是非使ってみましょう!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hawk

Author:hawk
SRIXON大好きです!!
チーバくん大好きです!!

是非ゴルフ友だちになって下さい。
そして、一緒にゴルフに行きましょう~~~~!!

hawkは千葉県市原市在住です。

【hawkのクラブセッティング】
・1W TaylorMade M3 9.5゜
  with KUROKAGE XT70 FLEX-TX
・3W TOURSTAGE X-FW GR 15°
  with Tour-AD B14-03W/S
・5W TOURSTAGE X-FW GR 18°
  with Tour-AD B14-03W/S
・3I SRIXON Z U45 20°
  with N.S. PRO 980GH DST/S
・4I~PW SRIXON Z945
  with True Temper Dynamic Gold Tour Issue Design Tuning S200
・52° Fourteen RM-11
・58° Fourteen RM-22
・PT PING Scottsdale Putter Anser2 33inch