記事一覧

これを・・・コントロールできるのか?

とあるHPを見ていたら、こんな記事が、、、。



理想的なドローはヘッドに軌道に対して、フェースの向きがややクローズになっていることです。

4度インサイドから入って、フェース向きが4度オープンだと、これは右へのプッシュアウト
4度インサイドから入って、フェースの向きが2度オープンだと、理想的なドロー。
4度インサイドから入って、フェースの向きがスクエアだと、強いドロー(強いフック)。
4度インサイドから入って、フェースの向きが2度以上クローズだと、チーピン(引っかけ)。

ヘッド軌道とインパクト時のフェース向きが同じ数値だと、ボールはフェースの向きに対して真っ直ぐ飛び、サイドスピンもかかりません。軌道よりもフェースの向きが少しクローズだと、ボールにはドロー回転がかかります。そして、軌道よりもフェースの向きが強いクローズだと、ボールにはフック回転が強くかかります。

フェード(スライス)の場合もしかり。

4度アウトサイドから入って、フェース向きが4度クローズだと、これは左へ直線的に飛ぶ弾道。
4度アウトサイドから入って、フェースの向きが2度クローズだと、理想的なフェード
4度アウトサイドから入って、フェースの向きがスクエアだと、強いフェード(強いスライス)。
4度アウトサイドから入って、フェースの向きが2度以上オープンだと、コスリ球(どスライス)。




1度、2度変わってしまうだけで、弾道はこんなに変わるもんなんだ・・・

これをhawkのようなゴルファーが制御できるのか・・・

なんでもそうですけど、プロと言われる人は、とにかく精密機械のようで、
正確性と再現性が限りなく高いレベルにあります。

それを練習だけで高めることができるのか?

闇雲に打ち込んでいるだけではダメなのではないか?

いやいや、体にその感覚を覚えこませる必要があるのではないか?

でも、間違った感覚を植え付けてしまったら矯正するのが難しいのではないか?

等、色々と考えてしまいます。。。

しかし、hawkの答えは、

「練習量を増やして、練習時にはポイントを意識する。そうすると、いつの日か、開眼する時が来る」

です。

話は脱線してしまいますが、

hawkは小学校4年生までは水泳は普通で、ずっと5級くらいでした。
飛び込みでも腹打ちするくらい・・・。
 ※上手い子は1級とか特○級

でも、小学校5年のある時、自分でもよくわからないのですが、
泳ぎ方のコツというものを開眼してしまったのです。
 ※これは今でも理由がわかりませんが、当時はよく市民プールに通って泳いでいたので、
  そこで何かをひらめいたんでしょう。多分、水を怖がらなくなったんだと思います。

そうしたら、5年の最後の水泳では一気に1級にランクアップしました。

6年では、選手に選ばれるようになり、最終的には特6級になりました。

自慢話は置いといて・・・

hawkはやり続ければ開眼するということを身をもって知っているので、
とにかくやり続けることが必要だと思っています。

幸い、
hawkはいいインストラクターに2ヶ月教えてもらうことができたので、
短期間で基礎を身につけることができました。

それで100を切れたのですから、
インストラクターの言葉を信じて、これからも頑張ります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hawk

Author:hawk
SRIXON大好きです!!
チーバくん大好きです!!

是非ゴルフ友だちになって下さい。
そして、一緒にゴルフに行きましょう~~~~!!

hawkは千葉県市原市在住です。

【hawkのクラブセッティング】
・1W TaylorMade M3 9.5゜
  with KUROKAGE XT70 FLEX-TX
・3W TOURSTAGE X-FW GR 15°
  with Tour-AD B14-03W/S
・5W TOURSTAGE X-FW GR 18°
  with Tour-AD B14-03W/S
・3I SRIXON Z U45 20°
  with N.S. PRO 980GH DST/S
・4I~PW SRIXON Z945
  with True Temper Dynamic Gold Tour Issue Design Tuning S200
・52° Fourteen RM-11
・58° Fourteen RM-22
・PT PING Scottsdale Putter Anser2 33inch