FC2ブログ

旧飛球則と新飛球則(2)

昨日、練習に行ってきまして、フェードボールとドローボールの打ち分けを実践してきました。

もちろん、まめたろうさんの、「スタンスだけでスイングを変えない」方式です。


まずフェードなのですが、オープンスタンスでスイングを変えないとなると、
出球はやはり左に飛んでいくことを実感できました。

フェースを開いていても(ターゲット方向に向けていても)
自分で無意識のうちにフェースを少し返してしまっているんですね・・・

なので、左に飛んで、ほんの少しフェードがかかって右に戻ってくる、
という感じでした。

そこで、フェースを返さないように注意すると、きれいなフェードボールに!

しかし、飛距離が出ません。
(カットに入っているからですかね)
これはこれでいいのでしょうか・・・??

続いてはドローボール。

こちらは・・・逆に曲がりすぎてしまいますね・・・
ということは、私はフェースを返すくせが染み付いてしまっているのだと思います。

これからはそれを矯正することにします。


それにしても、新飛球則の通りにやると、たぶん自分はだめです。。。
私は旧飛球則のとおりにやったほうがいい気がします。
これは人それぞれなんでしょうかね??

私は、どっちがいい(新か旧か)かは、どっちでもいいとおもいます。
その人のイメージが出る方法でいいですし、人によって変わってくると思います。

頭ごなしに、
 こうしたほうがいいとか、
 絶対こうすべき、
というのはこのレベルではもう無いと思います。。
スポンサーサイト
Date: 2018.11.16 Category: ゴルフ日記  Comments (1) 

バランス調整(2)

グリップをすべて交換して、再度バランス調整をしました。

IMG_0125.jpg

調整後
1W 333g D4
3W 343g D5 重量差10g
5W 342g D6 重量差-1g
3I 423g D5
4I 430g D5 重量差7g
5I 438g D4 重量差8g
6I 445g D4 重量差7g
7I 450g D4 重量差5g
8I 458g D4 重量差8g
9I 465g D4 重量差7g
PW 473g D4 重量差8g
52 481g D4 重量差8g
58 486g D5 重量差5g

グリップ変えたらD4になっちゃいました^^;;

でも、これはこれでいいかもしれません~

ウッドもD5だし、バランスは±1は誤差というので^^

それにしても、グリップの重量ってこんなに違うのね・・・

公称値では同じなんですけど(MCCプラチナムとMCCプラチナムプラス4)

でも、重量フローとバランスはいい感じになったので、

これでしばらくやってみます!

p.s.
それにしても、、、3Wと5Wで重量が同じなのはちょっと気になる・・・
多分バランス出すためにリシャフトの際に3Wになにか詰め物したのかな??

まぁいいか^^;;
Date: 2018.11.15 Category: ゴルフ日記  Comments (0) 

旧飛球則と新飛球則


まめたろうさん(師匠)から、ドロー・フェードの打ち方を教わりまして、
ふと思い浮かんだのが旧飛球則と新飛球則です。

私の上司(私をゴルフに誘ってくれた人)は、
旧飛球則をとても憎んで(!?)おりまして、
事あるごとにブログで

「また、(ある雑誌で)旧飛球則のことをかいている!ふざけんな」

と過激な発言をしています^^;;;;;;;


とここで旧飛球則と新飛球則のおさらいを。。。

旧飛球則
 出球はスイング軌道で決まる、ボールの曲がりはフェース向きで決まる
新飛球則
 出球はフェース向きで決まる、ボールの曲がりはスイング軌道で決まる


だそうです。

ドローボールを打つには、
旧飛球則
 フェースをターゲット方向に向け、スタンスをクローズにして、インサイドアウトでスイングする
新飛球則
 フェースを開いて、開いた以上の軌道でインサイドアウトでスイングする

ようなのですが、、、

私は、新飛球則でなんで狙ったところに行くのかがよくわからないのです・・・

旧飛球則だったら、フェースをターゲット方向に向けるのでよく分かるのですが、
新飛球則はフェースもスタンスも軌道も、何もターゲット方向を意識していないので、どこに行くのやら??です^^;;

実は、私は旧飛球則のほうが”感覚的に”正しいと思っておりまして、
先の記事に書いたようなボールの近くに立つのか、遠くに立つのか、という感じで考えていたのです。

もうちょっと書いてしまうと、旧飛球則も上記の説明はちょっと間違っていて、
 出球はフェース向きとスイング軌道の合成力の方向に飛んでいって、
 曲がりはインパクト時のフェース向きとスイング軌道が作る角度の差と摩擦力で決まる
のではないかと思いました。


ということで、旧飛球則でのアドレスを私は推したいと思います
(今までもそれで違和感なかったですし。。)

なので、ドローの場合は
 ①フェースはターゲット方向に構える
 ②ボールの遠くに立つ
 ③自然とインサイドアウトになる
 ④なのでドローボールになる
という感じです、

しかし、まめたろうさんは
 ①フェースはターゲット方向に構える
 ②クローズスタンスにする
 ③スイングは変えないのでインサイドアウトになる(2018.11.15訂正 スイングは変えないのでシャットでインパクトすることとなる)
 ④なのでドローボールになる
という感じです。

スイングを変えるのか、スタンスを変えるのか??

と考えると、スタンスを変えるほうがいいですね~~~

ということで、スタンスを変える感じでやってみます!!

p.s.
しかし、インテンショナルショットだとまた話は変わってきますよね、、、
大きく曲げたいのであれば、新飛球則も意識する必要があるかと・・・
Date: 2018.11.14 Category: ゴルフ日記  Comments (2) 

コンペ前 第1回目練習 ~だんだんと・・・~

コンペは今週の日曜日です(・Д・)ノ

それまでは
 月曜日 ゴルフ練習場
 火曜日 ジム
 水曜日 小休憩(という名の飲み会)
 木曜日 ゴルフ練習場
 金曜日 ジム
 土曜日 ゴルフ練習場

というプランで、練習をします。

で、昨日はゴルフ練習場での練習。

アイアンなんてオートマチックなものが良かったんじゃないか?
なんて思っていたのですが、

最近はコースによっては
ドローで攻めるべきじゃないか?
ここはフェードじゃないと怖くてピン狙えない・・・

なんて思ったり思わなかったり^^;; 
(そんな技量がそもそもどこにあるのよ! ですけど・・)

引っ掛けぐせのある私は、PAR3でグリーン左に池なんかがあると、
もう怖くて怖くて、池に入れちゃうか、相当右に行くか、、、の2択^^;;;

こんなときにフェードで狙えたらどんなに安心できるのかな??
なんて思ったりします。

とまぁ、前置きはここまでにして、

操作性のあるアイアンというのは、少しでも軌道がずれたりすると曲がります・・・

Z945も例外ではありません。

ということは・・・意図的に曲げることも簡単にできます。

なので、ドロー、フェードを打ち分けて攻めることができるのですが、
どうしたらそうなるのか?を昨日は実験していました。

で、答えは簡単でした・・・

ボールの近くに立つか、遠くに立つか・・・

近くに立つと自然と縦振りになって、アウトサイドインの軌道になります。
遠くに立つと自然と横振りになって、インサイドアウトの軌道になります。

が、、、
私はドローヒッターなので、フェードボールではなくほぼストレートになってしまいます。
なので、フェードを打つときは意図的にアウトサイドインを考えないといけないですね。。。

でも、これだと曲がり幅がばらばらになってしまう、、、

とにかく修行あるのみですね・・・

でも、なんか更にゴルフが楽しみになりそう・・・
自分の狙った球筋がうまくいったら^^
逆球が出たら最悪ですけど^^;;;

でも、私が思うのは、やっぱりピンを狙う時には、
ドローではなく、フェードのほうがいい気がします。
ドローですと引っ掛けが出てきてしまいますが、
フェードはある程度コントロールできる・・・気がするのです・・・
(要は大怪我しない・・・)


でも、飛ばなそうなんで、そこは番手調整が必要ですね・・・

2打目でそれほど距離がない時には、もう少しボールの近くに立ってみようかな~~
Date: 2018.11.13 Category: ゴルフ日記  Comments (6) 

バランス調整

アイアンのバランスを調整しました!
調整前
3I 419g D2
4I 424g D2
5I 426g D2
6I 431g D3
7I 438g D2
8I 447g D3
9I 453g D3
PW 463g D6
52 468g D2
58 479g D3

あれ? PWがD6もある!なんかおかしいぞ!
ということでよく見ると、、、

IMG_0100.jpg

グリップがちゃんと刺さってない・・・
こりゃだめだ

ということでグリップ交換をすると

467g D2 になったので、、、

アイアンのバックフェースにおもりを付けて、、、

調整後
3I 424g D5
4I 429g D6 重量差5g
5I 431g D5 重量差2g (5Iのほうがグリップが4g軽いため)
6I 436g D5 重量差5g
7I 443g D5 重量差7g
8I 450g D5 重量差7g
9I 456g D5 重量差6g
PW 472g D4 重量差16g (PWのほうがグリップが4g重いため)
52 475g D5 重量差3g
58 485g D5 重量差10g

だいたいD5にできました!!
(重量フローも考えたいですが、グリップの重量が原因というのはわかっているので、
 とりあえずはこのままで^^;;)

IMG_0101.jpg
↑鉛を貼られて少し困惑気味なアイアン達

ということでこれで今日は練習に行って調子を見てみます^^;;;
Date: 2018.11.09 Category: ゴルフ日記  Comments (4) 
プロフィール

hawk

Author:hawk
SRIXON大好きです!!
チーバくん大好きです!!

是非ゴルフ友だちになって下さい。
そして、一緒にゴルフに行きましょう~~~~!!

hawkは千葉県市原市在住です。

【hawkのクラブセッティング】
・1W TaylorMade M3 9.5゜
  with KUROKAGE XT70 FLEX-TX
・3W TOURSTAGE X-FW GR 15°
  with KUROKAGE XT70 FLEX-X
・5W TOURSTAGE X-FW GR 18°
  with KUROKAGE XT70 FLEX-X
・3I~4I SRIXON Z745
  with True Temper Dynamic Gold S200
・5I~PW SRIXON Z945
  with True Temper Dynamic Gold Tour Issue Design Tuning S200
・52° Fourteen RM-11
・58° Fourteen RM-22
・PT ODYSSEY WORKS CRUISER #7

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR